株式会社松浦建設

札幌のリフォーム・リノベーションなら「あたたかい家」「すずしい家」を提案する株式会社松浦建設へ。住宅、マンション、外壁、断熱、屋根、キッチン、洗面化粧台、ユニットバス、サッシ、フローリング、和室、外壁、フルリフォームに対応。法人・個人から小工事・大工事までご相談ください。


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

自宅のリフォームをしてもらい、ある程度お金に余裕がある場合は、家具も購入をするようにしましょう。せっかく自宅全体がきれいになったのにもかかわらず、家具が汚れていると、新しい場所で生活をしているような雰囲気を味わうことができない可能性も出てきます。非常に大切にしている家具の場合は、新しく買い替えを行う必要はありませんが、思い入れがないなどの場合は、買い替えを検討してみても良いかもしれません。リフォームをしてもらったタイミングで買い替えをしたいと考えている人は、リフォーム業者の人に相談を行うようにしましょう。自分たちが使用する家具なので、リフォーム業者の人に相談をする必要は無いのではと考えてしまいますが、リフォーム業者の人に相談をすることによって、どれくらいの大きさの家具を購入すれば、見栄えが良くなるのかなどをアドバイスしてもらえる可能性もあります。この部分は業者によって多少異なるので、相談を行ってもアドバイスしてもらえない傾向もありますが、非常に対応が良い業者の場合は、自分のことのようにしっかりと考えてくれる場合があります。最近はしっかりと最後までサービスを行ってくれるリフォーム業者が増えているので、家具の相談をすることによって、その部屋に合う家具を見つけてくれる場合もあります。自分たちが使用する家具なので、なるべくこだわって購入をしたいと考えている人の場合は、リフォーム業者の人に相談をせずに購入をしても問題ありませんが、その部屋に合う家具を見つけて欲しい、またはアドバイスしてほしいと考えている場合は、必ずリフォーム業者の人に話をしてみると良いでしょう。多くの人がリフォームを行ってもらうと家具を新しく購入する傾向があるのか気になる人もいるでしょう。あまりお金に余裕がない人の場合は、家具を購入することができないので、新しく購入をする人は半分程度だと覚えておく必要があります。同じ家具を長く使い続けたいと考えている場合は行わなくても良い行動になりますが、全てを新しくしたいと考えている人は考えてみても良いでしょう。
Tagged on: ,株式会社松浦建設