株式会社オデット

トウシューズの通販はバレエ&ダンス用品専門店【Dance Odette】へ。トウシューズのほかレオタード、バレエレッスン着など、バレエには欠かせないアイテムを取り揃えております。


の関連情報

バレエ(仏: ballet)は、西ヨーロッパで発生し広まった、歌詞・台詞を伴わない舞台舞踊。及びその作品を構成する個々のダンス。音楽伴奏・舞台芸術を伴いダンスによって表現する舞台である。物語性をもち、複数の幕をもつ舞踊劇が多い(「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「ドン・キホーテ」など)。しかし20世紀以降には物語性を否定する作品も生まれた。一方で短い小品でありながら優れた物語性をもつものもある(「瀕死の白鳥」など)。事前に振付家によってバレエ独特の所作を指定されたものを演じ、即興作品は少ない。振付の仕方を振付術(コレオグラフィー)という。
※テキストはWikipedia より引用しています。

子供をバレエ教室に通わせるメリットをなかなか把握できない親もいるでしょう。怪我をしにくい体を作るためには、他の方法もありますし、振り付けを覚えるために頭を使うのであれば、別の習い事にした方が良いと考えてしまう場合もあります。しかしバレエにしかないメリットもあるので覚えておきましょう。どんなメリットかと言いますと、人前で何かをすることに慣れられる部分になります。子どもを教室に通わせると分かりますが、発表会などに参加をしなくてはならない場合があります。この発表会は親にとって、非常に大きな金銭的負担を強いられてしまうので、中には参加をする必要がないと考えてしまう人もいます。しかし子供にとっては非常に楽しみになりますし、さらに大勢の人の前で、演技をしなくてはならないので、緊張に慣れることができます。この部分はなかなか経験ができないので、非常に大きなメリットだと言えるでしょう。また発表会までにたくさん練習をしなくてはならないので、努力を知ることもできます。努力をしっかりと把握できる子になれば、バレエ以外の何かに取り組む際も、人一倍頑張ってくれるような子供になります。また音楽に合わせて静かな環境で演技をしなくてはならないと言う部分もあり、他の人では得ることができないような集中力を身に付けられます。高い集中力を身に付けている子供の方が、たくさんのことを覚えられますし、他の子供と比べた際に、自分の子供の方が何でもできるようになっている場合もあります。この部分は非常に大きなメリットになるので、集中力をつけさせたいと考えている場合は、教室を見つけて通わせてあげるようにしましょう。教室を選ぶ際はどれくらいの人数の生徒がいるのか、確認をする必要があります。あまりにも生徒の人数が多いと、その場所を避けてしまう人がいますが、子供にとっては緊張しない空間になると覚えておきましょう。少ない人数の中で教わらなくてはならない場合は、自分が見られていると意識をして、いつまでも緊張してしまう可能性があります。
Tagged on: ,株式会社オデット